【体操女子】世界に羽ばたくアスリートに必要な英語教育の始め方

5歳の娘が体操教室に通い始めたことをきっかけに、将来トップアスリートになる為に親がどのような取り組みをしたらよいのか真剣に考える様になりました。

身体の発育と同じように、言語能力の発育も幼少期から培ってきたものが将来的に役に立つのではないかと考えています。

将来世界に羽ばたくトップアスリートを目指すのであれば、英語教育はなるべく早い段階で取り組んでいきたいと考えていますが、夫婦共働きで、仕事や家事に追われる毎日を送っている中で、幼稚園や保育園の送り迎え、習い事、アスリート育成の為の自主練習、などなど、英会話を習わせる時間などとてもありません。

しかし、たった一つ親子で楽しく英会話を学習する方法を見つけました。

その方法なら、英会話スクールに通う必要もなく、子供に直接発音などを教える必要もなく、仕事と家事と子育てに疲れ切ったパパとママに全く負担を掛けない方法になりますので是非参考にして頂けたらと思います。

英会話教材を使いましょう!

ハッピーイングリッシュ

結論から申し上げて、移動中の車の中ではかならず英会話教材を流す!です。

ズバリ!たったこれだけです。

正直私自身も若い頃は、スピードラーニングやドリッピーと言った英会話教材を買っては家の中や移動中に聞き流すことをしていました。

それなりに効果はあって今では外国人とコミュニケーションを取るのにさほど苦労しないレベルにはなりましたが、家で子供たちに英会話教材を聞き流したり、教材を開いて教えたりするのは正直大変です。(いや多分無理です)

うちの5歳の娘は鉄棒をやることとユーチューブを見る事しか興味がないので、一緒に英会話教材を開いても全く取り合ってもらえないと思います。

更に仕事で疲れて帰って来ているのに、英会話教材のCDが家中に響き渡っていたら、精神的にも落ち着きませんし、第一CDプレイヤー自体既にありません。

では、どのようにして子供に英語教育をして行けばよいのでしょうか?

車の中では必ず英会話のCDを聞く習慣をつける

言語は最初耳から覚えます。

耳で聞いた音を同じように真似て口から発音することが最大の学習法です。

そこに意味を見出す必要や、文法、単語(スペル)は後から学校で習えばいいことで、正しい発音を聞いて、正しく発せられるかどうかだけです

※私達日本人が英語を喋れない最大の理由は、英語を「聞かず」に育っているからですし、聞いた音を真似して「口から発していない」からに他なりません。

一日の内で、保育園、幼稚園、習い事の送り迎え、近所のスーパーへ買い物に行く時など、子供と一緒に車に乗って移動することはよくあると思います。

この移動中を英会話教室にしてしまえばいいんです!

子供たちにも車に乗ったら必ず英会話のCDが流れているものとして印象付けてしまえば、改まって「英語のお勉強」をさせらていると言った意識はなくなり、自然と英語に触れることが出来るようになります。

実際私達夫婦も子供の保育園の送り迎え、くもんの送り迎え、買い物、体操教室などなど頻繁に車に乗って生活しています。

その時間帯にもよりますが、NHKの子供番組を見せていたり、DVDを流していたりして、子供たちが車の中で飽きない様に、じっとしていてもらえるようにと考えていますし、世の中のほとんどの親御さんは同じように考えているのではないでしょうか?

なぜなら、ハンドルを握っている最中にチャイルドシートから脱出したり、勝手に窓を開けて手を出していたり、じっとしていろと言ったところで子供たちが言う事を聞いてくれるはずはありません。

そこで、車に乗ったら「家族みんなで英会話をする時間」というルールを決めてしまえば、子供も自然とパパとママと一緒に一つの事を出来るという喜びにあふれ、車に乗ることが、英会話教材を聞くことが、一緒に発音を練習することが、楽しくなってくると思います

しかも、移動中のほんの数分間だけですから、やらされている感をまったく感じることはないでしょうし、勉強させられているといった気持にもなりにくく、非常にスムーズに英会話を学習させることが出来るのではないかと思います。

なぜイマドキCDなの?

ハッピーイングリッシュ

実際我が家にCDプレイヤーなどもうありません。

今時CDとか古臭い!と思われるかもしれませんが、車の中で聞き流すのに最適なのがCDなのも事実です

なぜなら、常にカーナビにCDをセットしておけば、車のエンジンをかけた瞬間からセットされているCDが再生されて音が流れてきますので、あえて「車に乗ったらCDを掛けるよ!」と子供に言い聞かせたりしなくても勝手に流れて来た音を聞くだけですので、手間もかからずスムーズに英会話を始める事が出来ます。

更に、この「聞く」と言う事と、「聞く時間」にも関係はあり、圧倒的に日本人は英語を聞いている時間が少ないので喋れません。幼少期から英会話教室に通っていても、大人になって英語が喋れないのは、聞く時間が圧倒的に少なすぎるからです。

※東大生が英文の教科書をスラスラ読めるのに、外国人と英語で会話が出来ないのと一緒です。

折角脳が柔軟な幼少期にCDを聞かせるだけ、しかも移動中に聞くだけで、将来外国人選手やコーチとコミュニケーションを取れるトップアスリートに成れるかも知れないのに、やらないなんてもったいないと思いませんか?

スマホのアプリで十分ですよね?

いざ車に乗ってスマホのアプリを開いて再生させる手間を想像していただけますか?

まず買い物袋を後部座席に置いて、下の子をチャイルドシートに縛り付け、上の子のシートベルトをはめて、運転席に行って、エンジンをかけて、カバンの中からスマホを取り出して英会話アプリを開いて、子供たちに聞かせて、ようやく発進することが出来るんですよ!

物凄い手間だと思いませんか

エンジンをかけた瞬間から勝手に音が流れ出してくれないと、英会話なんてやりませんよね??

と言う事で、現実的に考えて、英語教材はCDが最適、しかも車の中で移動中だけ聞かせる学習法が親子で一緒に取り組めて、苦にならずに続けられる最も良い方法だと考えています。

なぜCD教材がいいのか?

ハッピーイングリッシュ

巷にはたくさんの英会話教材が溢れています。

前述の通り一世を風靡した石川遼君でおなじみのスピードラーニングも素晴らしい教材でした。

しかし、子供に英会話を習わせるのに特化していたかと言うと、少し疑問です。

子供たちは音の響きだけでイメージを膨らませて会話をしているからです。

NHKの「英語で遊ぼ」のコーナーにある赤クジラ!青クジラ!というやつなども毎日見ていますが、子供たちは元気に一緒になって赤クジラ!青クジラ!と叫んでいます。

赤クジラ!の後に発せられる英単語ではなく、「赤クジラ!」と叫ぶんです。

意味わかりますかね?

「アカクジラ」という音を聞いて、画面に赤いクジラの人形が口をパッと開くので、赤クジラは赤色のクジラだと認識するんです。

その後に発せられている英単語はどうでもいいんですよ、子供たちには!

ということは、毎回車に乗るたびに同じ「音」を聞かせる事で、勝手に子供たちの耳は聞きなれて行き、同じ発音をしようと無意識に捉えて、意味も分からずに口からこぼれ落ちる様に発音してしまうんです。

「赤クジラ!」と言ったら、次は「青クジラ!」なんです!繰り返し聞いていると無意識に覚えてしまうんですよ!

ですので、「This is a」 の次は「Pen」なんです。

is」が動詞で、「Pen」は名詞で、とか全く関係ないんです。

ただ単純にこの音が来たら次はこの音、と無意識レベルに落とし込むだけでいいんです。

ですので、スマホアプリや海外のユーチューブなどを見せるのも悪くありませんが、車に乗ったら毎回同じ英語のフレーズが繰り返し繰り返し飽きるほど聞こえてくると言う事が最大の効果を発揮すると言う事になります。

教材を常に車にセットしておけるCDでなければならない理由をご理解いただけましたでしょうか?

では、どんな教材がおすすめなのか?

今回おススメするのがこちらの「ハッピーイングリッシュ」になります。

ハッピーイングリッシュ

正直今の時代にCDとDVDとテキストのセットと言う全くもって時代錯誤な教材です。

CDプレイヤーすら今のご家庭ではもうなくなってしまっているのに。。。

しかし、これこそが忙しい今の時代にピッタリな教材なんです。

どうせなら子供を「英会話教室」に通わせて、外国人講師の方に指導してもらいたいと思いますが、そんな時間はありません。

通う時間がないなら「オンライン」で外国人講師とマンツーマンで会話する学習方法も可能ですが、時間と場所を選ばない代わりに、家のパソコンの前で知らない外国人の講師と面と向かってじっとしていられる子供などいません。家事に追われるママさん達も手を止めて一緒に見ていなければなりません。

しかも、これらのスクール系は週に一回しかレッスンがなく、これでは全然聞く時間が子供たちには足りません。

スマホやタブレッドの英語学習アプリを使ってゲーム感覚で英語を学ばせることも出来ます。これなら毎日続けられますので色々試してみましたが、発音を耳で聞く効果は殆どありませんし、課金狙いのゲーム系アプリがほとんどです。

ハッピーイングリッシュは時代錯誤の教材にはなりますが、移動中の車の中だけで学習することを目的としたこちらの教材は、忙しい時代の我々に特化した教材となりえるのではないかと思っています。

まとめ

将来世界の舞台で活躍する選手に育てる為には「英語教育」は必須科目になります。

世界中の選手とコミュニケーションを取れるようになるだけでなく、10年後、15年後にはZOOM会議などオンラインで世界中が今よりもっとつながっている世の中になっているはずです。

その時に、日本人選手だけが会話に参加できないなんて正直恥ずかしいですし、そんな中でグローバルな発想を持った選手に育つはずがありません。

幼い時から英語を聞く力だけでも鍛えてあげられるのなら、移動中は常に英語教材を流しておくという選択肢は持ってしかるべきかな?と思っています。

様々な英会話教材がある中で、今回はハッピーイングリッシュを例にご紹介しましたが、ほかにもたくさんの古びた時代錯誤の教材が眠っていると思いますので、是非お子様と一緒に取り組める教材を探していただけたらと思います。

ハッピーイングリッシュ

それでは、今回は以上となります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。